スポンサードリンク
   


年収103万以下なら確定申告を!


子どもが学校に行っている間に ちょっとだけパート アルバイトして・・・
と 働く主婦が増えていますよね

なかなか給料も上がらない中で 上手にやりくりしても
自分のランチ代が出ない私も その一人・・・

でも 上手に儲けないと 扶養からはずれたり 
年金や健康保険料を自分で掛けないといけなかったり 
ご主人が払う税金が増えたり
忙しいばかりで・・・かえって損?
なんて そんな話 確定申告時期には ハッとしますよねバッド(下向き矢印)

103万円の壁をご存知ですか?
103万円の壁は そんなに気にする必要はないともいわれていますが

給与収入が103万円までなら 給与所得控除65万円基礎控除38万円を収入から差し引きになり
103万円以下の収入なら 所得税を払う必要はありません

でも反対に 年間103万円を超えるパート収入なら
超過所得に対して 税金を納めなければいけません

103万円も 1つのポイントですよね!
給料から先に10%が源泉徴収されているのであれば
103万円以下の収入なら 確定申告して税金還付してもらいましょう!

@ご主人の会社から 扶養手当などが出ている場合は 
パート収入額に応じて扶養手当の支給がなくなる会社もあり 確認が必要です

Aまた住民税は パート収入が100万円を超えると 負担が必要になります

B1日間・1週間の勤務時間と 1ヶ月の勤務日数の両方が
4分の3以上になった場合 健康保険と厚生年金に加入する必要があります

103万円を意識しながら @ABも意識しながら?
稼ぐのも楽じゃないダッシュ(走り出すさま)

なので せめて先に源泉徴収されていて 
103万円以下の収入なら 
確定申告で 払いすぎた税金をとりもどしましょうね!
 





posted by 確定申告する主婦 at | 確定申告 扶養控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


これからFXするならサイバーエージェントFX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。