スポンサードリンク
   


贈与税控除 贈与税非課税でお孫さんに教育資金を!教育資金贈与信託


平成25年度の税制改正で おじいちゃんおばあちゃんから 
さんへの 贈与税控除枠が広がって
教育費などの援助に税金がかからない 贈与税非課税の処置が
平成25年4月〜平成27年12月31日までの 時限措置として はじまります

我々は 給料もなかなか上がらずたらーっ(汗) 子どもの教育費は年々増加たらーっ(汗)
なのに 将来は年金の不安を抱える親世代ですがたらーっ(汗)

今 祖父母と呼ばれる世代は 比較的お金を所有していて
そのお金を 若い世代に資産を移転させて 
教育費目的で おさんのために消費をうながし
活発にするのが 国の狙いではあるのですが・・・

贈与税控除 贈与税非課税にするには 
おじいちゃんおばあちゃんが 銀行などの金融機関で おさんの名義で口座を作り
将来の教育資金を 一括して信託契約するそうで 

さんは 進学や通学時にかかる教育資金を 
贈与税かからず非課税贈与してもらえます


贈与税控除 贈与税非課税対象額は
1500万円までの援助が 贈与税非課税となります
さんは30歳まで 何度でも引き出すことが可能です
学校以外の塾やお稽古事に支払う事もできますが
非課税枠1500万円のうち 上限は500万円までが贈与税非課税対象です

そうです この教育資金贈与信託によって 幼稚園から大学までぴかぴか(新しい) 
さんの進学や通学にかかる教育資金は 
贈与税非課税で 受け取る事ができる仕組みですが

さんが教育資金をとして
この教育資金贈与信託のお金を使う時は
教育資金に支払った事を 証明する領収書などを金融機関へ提出する必要があります

生前に おじいちゃんおばあちゃんからへの 
贈与税非課税で資産移転をすることができる手段ですが
教育資金贈与信託を利用して 贈与税非課税の対象となるのは 
直系尊属からの贈与に限られている事

そして 少し注意しておきたい事は

さんが30歳に達した時点で(誕生日前日)にこの教育資金贈与信託は終了
教育資金を支払った後 残金に対しては贈与税課税される事になります

面倒な一面もありますが 贈与税非課税でおさんに財産を!とお考えなら 
この注意点を頭に入れて
この2年のうちに!
素敵なおじいちゃんおばあちゃんになれるチャンスかもしれませんグッド(上向き矢印)

 
posted by 確定申告する主婦 at | 確定申告 贈与税控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


これからFXするならサイバーエージェントFX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。